筋トレ効果を飛躍させるテストステロンを簡単に増やす方法

筋トレ効果を飛躍させるテストステロンを簡単に増やす方法

せっかく筋トレをしたのだから、効率よく筋肉に変えて欲しいですよね。筋肉痛になるだけで、筋肉が付かなかったら意味がありません。

 

筋肉が付きにくい人の特徴としてテストステロンの分泌量が少ないことは、こちらでビルドマッスルHMBは筋肉が付きにくい人でも効果ある?で紹介しました。

 

筋トレの効果を飛躍させるためには「テストステロン」の分泌量を増やすことがカギとなります。

 

 

そこで、テストステロンをなるべく簡単に増やす方法について紹介します。

 

テストステロンを簡単な増やす方法

 

下半身の大きな筋肉を使う筋トレを行うことで、テストステロンの分泌量が増えます。

 

筋トレが下半身から始まり、胸⇒腕⇒腹筋…このように段々小さい筋肉部位になるのも、テストステロンの分泌が盛んな方が筋トレの効果が高いからなのです。

 

しかし、筋トレ以外でも簡単にテストステロンを増やす方法が4つあります。

 

  • テストステロンブースター(サプリ)を飲む
  • 食事で増やす
  • オナ禁
  • よく寝る

 

テストステロンブースターを飲む

 

筋トレ超大国のアメリカではテストステロンブースターは一般的なサプリですが、日本では、まだ販売されていません。

 

購入する場合は個人輸入店を利用する必要があるので、存在自体知らない人が多いでしょう。

 

 

テストステロンブースターは、テストステロンの分泌を促進するサプリメントです。

 

直接テストステロンを体にぶち込む、ドーピングやステロイドなどの筋肉増強剤と違って安全性は高いです。

 

 

また、ビルドマッスルHMBに含まれる「トンカットアリ」にもテストステロンの分を促進する効果があります。

 

食事で増やす

 

食事でテストステロンの分泌量を増やすには脂質が重要と言われています。

 

摂るべき脂質は2種類です。

 

  • 一価不飽和脂肪酸
  • 飽和脂肪酸

 

一過性不飽和脂肪酸は酸化しにくい脂肪酸で、血中の中性脂肪やコレステロール値を抑えるものです。
オリーブオイルやアーモンドなどナッツ類に多く含まれています。

 

飽和脂肪酸は常温で固まりやすいので、摂り過ぎには注意ですがテストステロン上昇に役立ちます。
赤身や卵黄、チーズなどに含まれています。

 

ただ、脂質を摂った方がいいと言われてもどのくらい摂っていいのか、良く分かりませんよね。

 

それに、普段の食事で摂るようにと言われてもなかなか難しいものがあります。

 

 

そこで、私の一押しが「玉ねぎ」です。

 

玉ねぎに含まれるアイリン類と呼ばれるアミノ酸「メチイン」「イソアリイン」「シクロアリイン」がテストステロンの分泌を増やすことが日清製薬グループの研究で発見されました。

 

テストステロンを増やすために玉ねぎを日常の食事に取り入れてみてはどうでしょうか?

 

玉ねぎに含まれるアミノ酸は細かくカットしたり、加熱すると効果が薄くなってしまいます。なるべく大きめにカットしてサラダにして摂るのがベストです。

 

オナ禁

 

アメリカ国立衛生研究所の論文によると「オナ禁をすることで、テストステロン値は45.7%上昇する」とのことです。⇒論文(原文)

 

ただし、オナ禁で上昇するのは7日目までで、それ以上オナ禁しても、ほぼ意味ないとのことです。あまり、貯め込み過ぎるなってことですね。

 

よく寝る

 

テストステロンの分泌を促進する睡眠時間は7時間連続で寝ることです。

 

断片的に寝るのはダメだそうです。例えば、昼に3時間寝て、夜に4時間寝るという生活習慣はよくないんですね。

 

一時期、明石家さんまや、ナポレオン、ダヴィンチがショートスリーパーなもんで、短時間睡眠が流行ってましたが、常人は普通に寝た方がよさそうですね。

 

まとめ

 

短期間で効率よく筋肉を付けて、逞しい体を作り上げるためにテストステロンの分泌量を上げることは、必須条件でもあります。

 

筋トレ以外で簡単にテストステロンの分泌量を増やす方法は4つです。

 

  • テストステロンブースター(サプリ)を飲む
  • 食事で増やす
  • オナ禁
  • よく寝る

 

最も簡単にできるのがテストステロンブースターを飲むことですね。

 

ビルドマッスルHMBにもテストステロンの分泌を促進する「トンカットアリ」にも含まれていますので、金銭的に余裕のある方以外は特に必要ないかもしれません。

 

 

テストステロンブースターはAmazonで「テストステロン」と検索してもいくつか出てきます。

 

また、Googleの月間検索数が1万件以上あるほど注目されている「ファーミア・マッスル」というテストステロンブースターもあります。

 

他のテストステロンブースターよりも安いので、まずはこれを試してみるのがいいかもしれませんね。

関連ページ

筋肉の付きにくい原因は遺伝?遺伝が影響している3つの要素
一生懸命筋トレをしているのに全然効果が表れない理由は遺伝にあるのかもしれません。ここでは、筋肉の付けやすさが遺伝で決まる要因と後天的に決まる要因について紹介しています。